日本の塩の用途別消費量

日本の塩の消費量は年間で約800万トン。食用(家庭や飲食店で使われるものと、食品工業で使われるもの)として約95万トン、ソーダ工業用として約600万トン、融氷雪用、家畜用など、その他の用途として約100万トンが消費されています(平成28年度実績ベース)。

(出典:「塩需給実績(平成28年度)」財務省)