イオン交換膜の高性能化による製塩コスト低減効果に関するシミュレーション
研究業績

論文一覧

西暦年度
2005
和歴年度
平成17
題目
イオン交換膜の高性能化による製塩コスト低減効果に関するシミュレーション
筆者
吉川 直人
掲載
日本海水学会誌, 59, 273-281(2005)
概要

イオン交換膜製塩プロセスにおけるイオン交換膜の電気抵抗の低減による製塩コスト低減効果についてシミュレーションにより検討した。シミュレーションは電気透析槽と4重効用の蒸発缶による製塩プロセスを用い、エネルギーコスト、設備コストの和を製塩コストとして算出した。その結果、イオン交換膜の電気抵抗を50%低減することにより、エネルギーコストは2.5%、設備コストは5.6%、製塩コストは8.1%低減されることが分かった。製塩コストの低減効果は決して大きくはなかったが、膜の耐久性向上による設備コスト低減の可能性もあり、イオン交換膜の高性能化は製塩コストを低減していく上での一つの柱であると考える。

トップヘ戻る