研究評価
研究業績

研究評価

研究開発評価委員会による研究評価

研究開発事業(委員名簿:平成29年7月12日現在)

平成29~30年度

  • イオン交換膜の工業化における膜性能制御技術の確立
  • 塩化ナトリウムの結晶純度向上手法の開発
  • 製塩工程における腐食モニタリングおよび防食対策の検討
  • 各製塩工場における最適な純塩率に対する工程制御技術の構築の検討
  • 商品性評価の効率化に関する研究
  • 塩の特性を生かした塩蔵食品製造方法の確立
  • 塩試験方法改訂における試験方法の妥当性に関する研究

評価結果 PDF

平成26~28年度

  • イオン交換膜の工業化技術の確立
  • オスロ型晶析装置における粒径制御手法の開発
  • 製塩環境における腐食促進因子の特定および防食対策の検討
  • 海水循環型資源回収システム構築の検討
  • 食品の低塩化に伴う保存性への影響の検討
  • 製塩における原料海水の水質評価に関する研究

評価結果 PDF

平成25年度

  • 塩蔵食品の低塩化に伴う保存性への影響に関する研究
  • 製塩環境における材料選定マップの実用性検証
  • 製品および製造工程の安全性検証方法の改善に関する研究
  • 海水循環型資源回収システム構築の可能性検討

評価結果 PDF

平成24年度

  • 塩蔵食品の低塩化に伴う保存性への影響に関する研究
  • 製塩環境における材料選定マップ構築(隙間腐食、応力腐食割れ)に関する研究
  • 道路用融雪塩における検査方法の改善および開発

評価結果 PDF

平成23年度

  • 製塩環境における材料選定マップの構築に関する研究
  • 腐食防食のデータベース構築に関する研究
  • 膜選択処理法・解体洗浄時期予測手法に関する研究

評価結果 PDF

平成20~22年度

  • 高効率製塩晶析装置の開発に関する研究
  • 製塩環境における材料選定マップの構築に関する研究
  • 食品加工における塩および苦汁成分の作用に関する研究
  • 食用塩に関する安全性評価技術の研究

評価結果 PDF

平成17~19年度

  • 微結晶の付着現象を利用した高効率製塩晶析装置の開発に関する研究
  • 製塩環境における材料選定マップの構築に関する研究
  • 食品加工における塩および苦汁成分の作用に関する研究
  • 塩の安全性評価およびそれに係る分析技術の構築に関する研究

評価結果 PDF

塩製造技術高度化研究開発事業(委員名簿)

平成18~22年度

トップヘ戻る