蛍光X線分析装置を用いる塩製品中の微量元素の簡易分析の可能性
研究業績

論文一覧

西暦年度
2003
和歴年度
平成15
題目
蛍光X線分析装置を用いる塩製品中の微量元素の簡易分析の可能性
筆者
眞壁 優美、吉川 直人
掲載
日本海水学会誌, 58, 80-84(2004)
概要

波長分散型およびエネルギー分散型蛍光X線分析装置を用いて、塩製品中の主要成分(Mg2+, SO42-, K+, Ca2+, Br-)の簡易定量の可能性および定量精度について検討した。試料調整法についてはMg2+は、Mg(OH)2沈殿を用いた沈殿法、SO42-は、BaSO4沈殿を用いた沈殿法、K+, Ca2+, Br-は、点滴濾紙法および液体法を用いた。その結果、液体法を用いた場合と比較し点滴濾紙法を用いた場合の方が、測定精度は良好で、低い成分含有量まで定量可能であることが示唆された。沈殿法では、測定精度が試料調整操作に依存することが分かった。また、Mg2+, SO42-については沈殿法、K+, Ca2+, Br-については点滴濾紙法を用いた場合の結果を基に、塩製品への適用の可能性を判断した。エネルギー分散型を用いた場合と比較し、波長分散型を用いた場合の方が、低い成分含有量まで定量可能であり、高純度塩ではSO42-、乾燥塩ではMg2+, SO42-およびBr-、湿塩では全ての対象成分について定量可能であることが示唆された。

トップヘ戻る