道路用塩の低温固結防止方法の開発
研究業績

論文一覧

西暦年度
2000
和歴年度
平成12
題目
道路用塩の低温固結防止方法の開発
筆者
党 弘之、鍵和田 賢一
掲載
寒地技術論文・報告集 Vol.16, 363-369(2000)
概要

添加物による塩化ナトリウム2水和物の生成の抑制と低温固結防止法の開発を目的に基礎的検討を行い、その成果を基に実用レベルでの試験製造を実施してその有効性を確認した。結果は以下のとおりである。

1)塩化ナトリウム溶解度および塩化ナトリウム2水和物生成量は、添加物濃度の上昇とともに減少し、その効果は水和エンタルピーが大きいほど大きかった。
2)ナトリウムイオンよりも水和エンタルピーが大きな陽イオンの添加によって低温固結を防止することができた。その効果は濃度が高く、陽イオンの水和エンタルピーが大きいほど大きかった。
3)粉砕塩の製造ラインで塩化マグネシウムおよび塩化カルシウムを添加した試験製造を実施し、実際に低温固結を防止できることを確認した。
トップヘ戻る