キレートディスク前処理法による海水中のバリウムおよびストロンチウム測定方法の検討
研究業績

論文一覧

西暦年度
2012
和歴年度
平成24
題目
キレートディスク前処理法による海水中のバリウムおよびストロンチウム測定方法の検討
筆者
中山 由佳、野田 寧
掲載
日本海水学会誌, 66, 283-287(2012)
概要

海水レベルの塩類を含む水溶液中の低濃度のバリウムおよびストロンチウムの測定方法を確立するため、キレートディスクを用いた固相抽出法による前処理方法を検討した。その結果、Ba、Srは、試料溶液のNaCl濃度が高いと抽出が阻害されたが、試料溶液を超純水で予め希釈することにより、良好に抽出できた。また、この時の試料溶液のpHは、中性より高くする必要があった。さらに、試料溶液通液後のキレートディスクの洗浄においては、洗浄液の酢酸アンモニウム濃度や液量が増加すると、Ba、Srの抽出に影響することが示された。

トップヘ戻る