ガスクロマトグラフィー/質量分析法による塩中の残留農薬等の一斉分析
研究業績

論文一覧

西暦年度
2010
和歴年度
平成22
題目
ガスクロマトグラフィー/質量分析法による塩中の残留農薬等の一斉分析
筆者
野田 寧、麻田 拓矢、小林 憲正*  *:横浜国立大学
掲載
分析化学, 59, 579-587(2010)
概要

塩事業センターでは食品衛生法ポジティブリスト制度に対応して食用塩の安全性に関する116項目の農薬等を選定した。科学的な根拠により安全性を証明するために、これらに対する分析技術が必要となったため、ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)を使用した一斉分析法の検討を行った。塩試料中の農薬等は固相抽出法により抽出した。4種類の固相抽出カラムを比較し、スチレン-ジビニルベンゼン共重合充填剤であるPS-2カラムを選択した。試料をメタノールと水の1:1混合溶液で溶解し、農薬等のガラス器具表面などへの吸着を防ぐことにより回収率が向上した。親水性の農薬等は回収率が低いため一斉分析法への適用ができなかった。開発した分析法では、94物質(85項目)の対象農薬等に対し、70%以上の回収率と20%以内の再現性が得られ、検出下限は0.01 mg/kg以下であった。

トップヘ戻る