イオン交換膜法製塩工場における電気透析装置の解体洗浄間隔の延長に向けた海水ろ過工程の課題
研究業績

論文一覧

西暦年度
2008
和歴年度
平成20
題目
イオン交換膜法製塩工場における電気透析装置の解体洗浄間隔の延長に向けた海水ろ過工程の課題
筆者
渕脇 哲司
掲載
日本海水学会誌, 62, 238-241(2008)
概要

製塩工場における電槽の解体洗浄間隔の延長に向けた海水ろ過工程の課題を整理するとともに、当所の取り組みについて紹介した。

トップヘ戻る