野菜栽培における塩の用途開発に関する研究(第1報)-ダイコン栽培-
研究業績

論文一覧

西暦年度
2008
和歴年度
平成20
題目
野菜栽培における塩の用途開発に関する研究(第1報)-ダイコン栽培-
筆者
篠原 富男、鍵和田 賢一
掲載
日本海水学会誌, 62, 186-190(2008)
概要

塩の用途開発の一つとして、ダイコンを対象に、塩の散布と品質の向上について検討した。ダイコンの根部の大きさおよびかたさについては、塩の散布量による影響は見られなかった。塩の散布量が増加すると、葉柄側、中央部、根端部および根部全体ともに糖度が上昇する傾向が認められた。ダイコンへの塩散布は糖度の向上に有効であり、塩散布30g/株区では最も顕著であった。

トップヘ戻る