食用塩の安全性への取り組み
研究業績

論文一覧

西暦年度
2008
和歴年度
平成20
題目
食用塩の安全性への取り組み
筆者
野田 寧
掲載
日本海水学会誌, 62, 148-151(2008)
概要

食用塩の安全性を確保するために、これまで塩事業センターでは食品の安全性に関する法的規制に適用することを基本に検討を行ってきた。現在、当センターの安全性に関する自主基準の一つとしては、製造基準があり、製品だけでなく、原料から製造工程に至るプロセスが安全であることを検証している。その他、国際規格であるCODEX基準を品質規格に適用することや食品中の残留農薬に係るポジティブリスト制度にも適切に対応している。

トップヘ戻る