製塩環境中のステンレス鋼の孔食電位に対する塩化物イオン濃度ならびにpH,液温の影響
研究業績

論文一覧

西暦年度
2007
和歴年度
平成19
題目
製塩環境中のステンレス鋼の孔食電位に対する塩化物イオン濃度ならびにpH,液温の影響
筆者
中村 彰夫、井上 博之*  *:大阪府立大
掲載
日本海水学会誌, 61, 169-174(2007)
概要

SUS316鋼の孔食電位を、製塩の典型的かん水、濃縮かん水および母液を模擬した溶液中で測定した。種々の条件下で測定された孔食電位を比較することにより、このステンレス鋼の孔食に対する感受性に溶液の塩化物イオン濃度、pHや温度がどのように影響するか評価した。pH領域が中性近傍の場合、孔食電位は溶液のpHに殆ど依存しない。しかし、高pH域では、環境の組み合わせによって決まるある臨界水準を越えると、孔食電位はpHとともに顕著に貴化した。電位走査法で測定された孔食電位V 'C100と各環境因子の強度とは、本実験で用いた溶液組成の範囲内では、以下の関係を示した。

  V 'C100= -0.218log(Cl-) + 535/T +0.0224pH-1.48

Cl-、T およびpH は、それぞれ、溶液の塩化物イオンの重量モル濃度、温度(K)およびpHを示す。

トップヘ戻る