塩結晶における共存成分と固結の関係
研究業績

論文一覧

西暦年度
2004
和歴年度
平成16
題目
塩結晶における共存成分と固結の関係
筆者
党 弘之
掲載
日本海水学会誌, 58, 566-569(2004)
概要

共存成分が塩結晶表面に存在する場合の平衡湿度変化と固結への影響について、過去の研究例に加え最近明らかとなった吸湿による結晶表面変化と固結などについて紹介した。

トップヘ戻る