市販食塩の品質(Ⅱ)
研究業績

論文一覧

西暦年度
2003
和歴年度
平成15
題目
市販食塩の品質(Ⅱ)
筆者
新野 靖、西村 ひとみ、古賀 明洋、中山 由佳、芳賀 麻衣子
掲載
日本調理学会誌, 36, 305-320(2003)
概要

市販食用塩の主成分、微量成分、添加物および生菌の調査を行い、以下の結果を得た。

1)国産製品は、輸入製品に比べてにがりを多く含んだ製品が多く、不溶解分が少ない傾向が見られた。輸入された天日塩製品の中には不溶解分および重金属が多いものが見られた。
2)ヒ素が0.5mg/kg(CODEX 食用塩規格(案)上限値)以上検出された製品が3点見られた他、銅,クロム,ニッケル,亜鉛が高濃度に検出された製品も見られた。
3)生菌検査では、測定試料全てが陰性であった。
4)フェロシアン化物が検出された製品は4点あった。
トップヘ戻る