市販食用塩中のヨウ素量
研究業績

論文一覧

西暦年度
2002
和歴年度
平成14
題目
市販食用塩中のヨウ素量
筆者
新野 靖、西村 ひとみ、古賀 明洋
掲載
日本海水学会誌, 57, 134-137(2003)
概要

市販食用塩中のヨウ素量をICP-MS法により測定した結果、塩種別に以下のような特徴が示唆された。海水を蒸発濃縮した塩のヨウ素量は、平均値が0.3mg/kgと多く、塩化マグネシウム量に比例して含まれ、ヨウ素と塩化マグネシウムとの比は概ね海水と近い値を示した。輸入天日塩を溶解再結晶した塩のヨウ素量は、0.1mg/kg未満と少なかった。イオン交換膜電気透析法によるかん水から製造した塩は、一点を除き0.2mg/kg未満であるが製品毎にヨウ素量の差が見られた。この一因としては、イオン交換膜電気透析におけるヨウ素の濃縮特性の相違によるものと推測された。

トップヘ戻る