融雪塩用防食剤の開発
研究業績

論文一覧

西暦年度
1999
和歴年度
平成11
題目
融雪塩用防食剤の開発
筆者
党 弘之、鍵和田 賢一
掲載
寒地技術論文・報告集  Vol.15, 440-444(1999)
概要

道路用融雪塩として用いられる塩化ナトリウムに添加する動植物への影響が少なく、低温でも固結しない防食剤の開発を目的に試験を実施し、以下の結果を得た。

1)防食効果は、第二および第三リン酸塩とマグネシウム、カルシウム等のアルカリ土類金属塩を併用することによって発現した。
2)低温固結は、防食効果を示す組成にさらに過剰のマグネシウムあるいはカルシウム塩を添加することによって防止できる。
3)粉砕塩の製造ラインにおいて試験製造を行い、粉体供給によって均一な防食剤添加粉砕塩を製造できることを確認した。
4)防食剤の添加により塩化ナトリウムの腐食速度は約16%低下し、水や尿素の腐食速度よりも小さくなった。
トップヘ戻る